カジノ

アメリカのカジノでの利益に対する課税

アメリカでのギャンブルによる利益はできるだけ高い税率で課税されることになっています。米国市民でないからという理由では免税にはなりません。外国人が、米国の都市でカジノを訪れ、そこで利益を上げたらどうなるのでしょうか。
オンカジ最新おススメ記事ならオンラインカジノは儲かるのか!?儲かりやすいのはスロット!?

アメリカではスロットマシーンとテーブルゲームでは扱いが違います。スロットマシンでは、時に巨額な利益を得ることができます。マルチプライヤー機能などであたりがでると、1200ドル以上を稼いだ時点でカジノマシーンの担当者は、そのマシーンに来てロックを解除する必要があると規定されています。さらにカジノ側は、1万ドル以上の勝利金については、米国市民ならW2-G用紙を受け取り、関係当局に現金取引報告書を出すことになります。

日本人の観光客の場合には、通常30%は、カジノ側が差し引くことになりますが、日本の場合は米国政府との協定で課税しないことになっています。そのかわり、連絡がいくことで日本の税務当局が課税することになります。日本での課税は50万円までは所得控除がありますから50万以上の金額に一時所得になります。

テーブルゲームでは、ルーレット・バカラなどの利益を税務当局に申告するかどうかはプレーヤーの手にゆだねられることになっています。従って初めから税金を差し引くことはありません。高い払い戻し金は出ないという前提での運用になります。

-カジノ

関連記事

アメリカのカジノの規制に関して

アメリカは1930年代に始めてカジノが合法化されました。その後に1970年代に合法化されてから沢山の州で規制に関して違いがありますが本場として発展してきました。規制がない地域での営業では商業施設とホテ …

アメリカのカジノは大きな収益をもたらしました

オンカジ最新情報は噂のシティオブドリームスマニラカジノについて(ハイアット・クラウン・ノブホテル)の記事がおススメ カジノ開設がもたらす経済効果には非常に大きなものがあります。施設で働く従業員の雇用 …

アメリカのカジノにインディアンの経営者が多い理由

アメリカでカジノというとラスベガスが有名ですが、全国各地にあります。ラスベガス以外の場所に行ったときに気づくのがインディアンの存在です。インディアンはアメリカの先住民族のことですが、経営に彼らが携わっ …

アメリカでカジノがらみの裁判というと

賭博というとどこの国でも犯罪組織の温床になったり、個人の破産、家庭崩壊などの大きな社会問題の発生源になりうると思われて刑事法で一般的に禁止されることも多いのですが、果たして社会問題とされているのが本当 …

アメリカでカジノが衰退している理由

カジノというとアメリカが本場でいかにもアメリカはカジノで儲かっているというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は衰退しているというのが現状と言っても良いかも知れません。理由はいろいろと考え …