カジノ

アメリカでカジノが合法である州は?

自由の国として、知名度の高いアメリカなので全ての州でカジノが合法であると考えている人もいない訳ではありません。しかし、実際にアメリカでカジノが合法とされている州は多いわけではなく、23の州で認められているに過ぎません。カジノはおろか、ばくちに関するかけ事を全面的に禁止している州も3つあります。アーカンソー・ハワイ・ユタではかけ事をほぼ全面的に禁止しています。

アメリカで最初に法律的に認められたところは、ネバダです。ネバダでは、1931年にギャンブルを合法として認めてから、カジノの町として急激な発展をみせました。ドラマにもなって評判になったのでラスベガスというイメージも強い人は多いと思いますが、このネバダの南部にあるラスベガスが最大規模であると試算されています。まさにギャンブルの町として広く世界に名前を轟かせ続けます。

ニュージャージーも1976年に合法と認められましたが、規制が厳しく大きな発展は遂げていません。1970年代まではこの2つの場所のみでしたが、1980年代にミシシッピ・インディアナ・アイオワ・コネチカットと次々に開設され、現在では23地域で認められるに至っています。この傾向は止まらず、拡大傾向にあります。
セブカジノホテルランキングの比較や評判などオンラインカジノ最新情報見ていない方はこちら

-カジノ

関連記事

アメリカのカジノにインディアンの経営者が多い理由

アメリカでカジノというとラスベガスが有名ですが、全国各地にあります。ラスベガス以外の場所に行ったときに気づくのがインディアンの存在です。インディアンはアメリカの先住民族のことですが、経営に彼らが携わっ …

アメリカのカジノ王について

シェルドン・アデルソンという人物を知っているでしょうか。彼はアメリカのカジノ王の異名をもつ、ギャンブル場の経営者になります。世界的に有名なラスベガスのカジノや今では巨大なギャンブル市場をもつシンガポー …

本場アメリカでの初心者カジノデビュー

カジノ未体験者が人生で最初に経験する確率が最も高いのがアメリカのラスベガスではないでしょうか。ラスベガスは日本から観光旅行として行き現地ではカジノ以外にアメリカの誇る国立公園であるグランドキャニオン観 …

アメリカのカジノでの利益に対する課税

アメリカでのギャンブルによる利益はできるだけ高い税率で課税されることになっています。米国市民でないからという理由では免税にはなりません。外国人が、米国の都市でカジノを訪れ、そこで利益を上げたらどうなる …

アメリカのカジノは大きな収益をもたらしました

オンカジ最新情報は噂のシティオブドリームスマニラカジノについて(ハイアット・クラウン・ノブホテル)の記事がおススメ カジノ開設がもたらす経済効果には非常に大きなものがあります。施設で働く従業員の雇用 …