カジノ

アメリカのカジノは公営なのか?

カジノとして有名なのがアメリカのラスベガスですが、アメリカは合衆国という連邦国家であるため各州によってその扱いも異なっています。このためアメリカでカジノがあるのは23州で、ラスベガスにあるネバダ州はもっとも早い時期、1931年にギャンブルが合法化されたためラスベガスのようなカジノシティが形成されています。なお二番目に合法化されたのはニュージャージー州で、こちらは保養地のアトランティックシティ限定となっており、1980年代まではこの2州しかありませんでしたが、その後、ギャンブル合法化ではなく税収や地域振興を目的として次々に解禁され現在では23州でカジノを楽しむことができます。

アメリカの場合には公営はなくすべて民営で行われているのも特徴です。新興国では公営として直接国家が経営に関わっているところがありますが、アメリカは民営ですので、ゲーム以外にもエンターテイメントなど総合的な娯楽を提供することを目的としているところが多く、その点で現代においてもラスベガスが人気のエリアとなっている理由です。このためラスベガスは訪問者数は1年間に4300万人近くが訪れ、日本人も多くが訪れているエリアとなっています。

-カジノ

関連記事

アメリカのカジノにおけるギャンブル依存症について

初心者でもわかるオンラインカジノライブバカラに必勝法や勝ち方はあるのか?!スマホ・パソコンの記事もチャック アメリカでのカジノと言えば、みなさんはラスベガスをイメージするのではないでしょうか。アメリカ …

アメリカにおけるカジノ施設の治安について

オンカジ最新記事ラスベガスカジノホテルランキングと比較・評判はこちらで確認! アメリカでギャンブルを楽しむと言えば、ラスベガスを想像される方が多いと思われます。ラスベガスのカジノの歴史は全米で最も古く …

アメリカでカジノがらみの裁判というと

賭博というとどこの国でも犯罪組織の温床になったり、個人の破産、家庭崩壊などの大きな社会問題の発生源になりうると思われて刑事法で一般的に禁止されることも多いのですが、果たして社会問題とされているのが本当 …

アメリカのカジノでの利益に対する課税

アメリカでのギャンブルによる利益はできるだけ高い税率で課税されることになっています。米国市民でないからという理由では免税にはなりません。外国人が、米国の都市でカジノを訪れ、そこで利益を上げたらどうなる …

アメリカのカジノにインディアンの経営者が多い理由

アメリカでカジノというとラスベガスが有名ですが、全国各地にあります。ラスベガス以外の場所に行ったときに気づくのがインディアンの存在です。インディアンはアメリカの先住民族のことですが、経営に彼らが携わっ …