カジノ

アメリカのカジノの規制に関して

アメリカは1930年代に始めてカジノが合法化されました。その後に1970年代に合法化されてから沢山の州で規制に関して違いがありますが本場として発展してきました。規制がない地域での営業では商業施設とホテルが一体となって、営業しているスタイルが一般的です。街全体に沢山の施設があるのも大きな特徴で、お客が好みの場所で出来るのも特徴の一つになっています。許可は施設が認めてくれれば営業出来るので始めやすい環境になっています。

もう一つは決め事がありそれを守らなければ運営出来ない施設です。1980年代以降に出来たカジノは何かしらの条件がある営業体系のものになっているのが特徴です。1つは運営出来る場所が決められているタイプです。これは好きな地域で運営する事は出来ず区画が決まっています。もう一つは地域住民の反対などで陸地で営業する事は出来ず川や海などの水上にクルーズ船を浮かべてその中で営業するタイプです。
ネットカジノブログの最新記事はこちらオンラインカジノで勝ち続ける人の性格(秘密の必勝法とは?)

船は実際に動かして行う場合もありますし、固定して浮かべておくだけのタイプがあります。アメリカではギャンブル依存性に対する対抗策としてクレジットカードの照会があります。これで依存であると判断された場合は入場を許可しないシステムになっています。カードを確認する事で年齢確認も出来るので、未成年の入場規制にもなります。

-カジノ

関連記事

アメリカのカジノは公営なのか?

カジノとして有名なのがアメリカのラスベガスですが、アメリカは合衆国という連邦国家であるため各州によってその扱いも異なっています。このためアメリカでカジノがあるのは23州で、ラスベガスにあるネバダ州はも …

アメリカのカジノにインディアンの経営者が多い理由

アメリカでカジノというとラスベガスが有名ですが、全国各地にあります。ラスベガス以外の場所に行ったときに気づくのがインディアンの存在です。インディアンはアメリカの先住民族のことですが、経営に彼らが携わっ …

アメリカのカジノでの利益に対する課税

アメリカでのギャンブルによる利益はできるだけ高い税率で課税されることになっています。米国市民でないからという理由では免税にはなりません。外国人が、米国の都市でカジノを訪れ、そこで利益を上げたらどうなる …

アメリカのカジノで注意をする内容

ラスベガスなどアメリカのカジノを利用する際には、いくつか注意が必要です。アメリカではカジノは21歳以下の未成年者は利用が出来ない施設になります。洋服は普段着でも大丈夫ですが、ゲームをする場所などの写真 …

アメリカのカジノにおけるギャンブル依存症について

初心者でもわかるオンラインカジノライブバカラに必勝法や勝ち方はあるのか?!スマホ・パソコンの記事もチャック アメリカでのカジノと言えば、みなさんはラスベガスをイメージするのではないでしょうか。アメリカ …